セサミ色々日記

雑談に変更

2020年夏:第1回セサミ・チャレンジに向けて

来年の夏に第1回のセサミ・チャレンジを開催します。そこで、当分は、セサミチャレンジに直接的・間接的に関連する本を紹介していきます。

 

そもそも、セサミ・チャレンジとは何かといいますと、毎回(※年1回開催予定)、1つか2つのテーマを挙げますので、それに関して皆さんのアイデアをレポート形式で出していただくというものです。私の印税の一部を賞金にあてます。小学生の部・中学生の部・高校生の部・大人の部の4つのレベルに分けます。

 

どんなテーマかは今考え中で、以下にいくつかの案を挙げると、

・海洋プラスチックゴミを少なくするには

・日本の食品ロスを削減するには

太陽光発電のより有効な利用方法

などなどです。

テーマが決まれば、それに関連する書籍やウェブサイトを紹介しますので、それらに目を通した上で、皆さんに独自のアイデアを考えていただければありがたく存じます。

 

 アイデアの例として、太陽光発電のより有効な利用方法としては、私が思いついたものをランダムに書きます。まだ全然調べていないので、今書くのは本当にテキトーですので、ご了承ください。

・車やバスの上に太陽光パネルを取り付ける

太陽光発電とガソリンのハイブリッド車として、二酸化炭素放出量を削減する

・小型のブロック型パネルを作り、コンセントを差し込めるようにする

→マンションなどで、ベランダにおいて使える。

→停電時に少量だけど電気が使える

・小型プロック型パネルを、ジグゾーパズルのようにくっつけることができるようにする

→被災地などに小型パネルを送って、空き地などにたくさん置いて、昼間だけでも電力が使えるようにする

・ビニール素材の太陽光パネルを作る

地震が起きても割れにくくて、使える

 

将来的に実用化できればとってもうれしい!ですが、まずは無事に第1回目をチャレンジを開催するために頑張ります。

 

テーマが決まったら、レポートの書き方の見本のようなものを、ウェブサイトで公開します。1月末までにテーマを決めようと考えています。

そこで、『こんなテーマがいい!』というのがありましたら、私及川までメールでお教えください。メアドは『sesami248@gmail.com』です。

 

テーマは下記に関連するものとしてください。

・気候変動問題

・環境問題

・資源保全

・食料危機対策、日本の食糧ロス対策

・エネルギー開発

 

 実現可能な提案ができるようなテーマとしてください。

 モットーは、Think Globally, Act Locally(地球規模で考え、足元から行動せよ)です。

 

 先のテーマは、文部科学省が提言している『世界的課題の解決』を参考にしています。少し長いですが、下記に引用します。

 

文部科学省における国際戦略(提言):3.世界的課題の解決

 21世紀において人類は様々な世界的課題に直面する。地球温暖化を始めとする地球環境問題は、人類の将来の生存と繁栄にとって重要な課題である。2026年には地球の気温は2度上昇すると言われているが、地球温暖化が地球環境にどのような影響を及ぼすのか、科学的知見を集積して対応することが必要である。資源保全も重要な課題である。先進諸国の人は穀物や食肉の摂取分まで含めると一日に2千リットルの水を使っているというデータもある。さらに、人口増加問題も深刻な課題である。1900年には40億人を超え、2000年には60億人を超え、今や64億人に達している。このうち、80パーセントが発展途上国に居住し、約20パーセントの12.5億人が収入が1日1ドル以下のいわゆる絶対的貧困層である。この絶対的貧困層の多くはアジアとアフリカに分布しているが、これらの地域には十分な教育や就業の機会が保障されていないところもある。このような貧困は社会的不安定要素となって地域紛争やテロなどの新たな世界的課題を生み出している。

 これらの世界的課題の解決のために、わが国が国際社会において果たすべき役割は何か、そのために我が国として何をするべきか、一人ひとりが当事者として考え、検討し、実践していくことが重要である。

 また、新エネルギー開発、食料増産等の長期的課題は、我が国がリーダーシップを持って取り組むべき課題である。

 

https://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/senryaku/teigen/05092901.htm

 

何卒、よろしくお願いいたします。